FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新井コー児展のお知らせ

新井コー児さんの
新作がやってくる!


11月3日から23日まで、
新井コー児展を開催します。
新井コー児2018
▲「ゴマの昼寝」 パネル、アクリル 227mm×158mm 2018年

今回の展覧会タイトルは「Let it be」。
このタイトルを見ただけで、
新井コー児さんの世界が見えてきそうですね。

↓作家のサイトはこちら
新井コー児 作品集

会期中の11月17日(土)には、
チェンバロ、オーボエ、声楽の演奏会もあります。
詳しい情報は後ほどお知らせします。

■会期  11月3日(土)~11月23日(金)

■開廊  10:30~18:00  月・火曜は休廊

■会場  高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)
スポンサーサイト

信田俊郎展のお知らせ

アツーい夏、
信田俊郎の色面が放つ
熱のアツさを体感せよ!


信田俊郎展2018

7月1日に放送されたNHK『日曜美術館』で
グローバーさん(東大の美学美術史卒)が
アンリ・ルソーの作品を見ながら
「熱い。温度を感じる」と言っていましたね。

ああ、やっぱり。
そうなのです。
絵画作品のなかには、「熱」を放つものがある。

それを初めて体感したのは、
何十年前か、ピカソの絵を見たときでした。
絵具が塗りこめられた平面から
「熱」と言うしかないエネルギーを感じたのです。

3年前の夏、ギャラリー空華の空間は
信田俊郎の大作から放たれる「熱」で満たされました。
今年、3年ぶりに新作がやってきます。

信田俊郎の色面(カラー・フィールド)から放たれる
「熱」の温度を、ぜひ作品の前で体感してみてください。
熊谷よりもアツいかもしれませんよ。

●草場学ギターコンサートも開催します。

8月5日(日) 14:00~ 
先着15名 要予約 2.000円

高崎市で教室を開いているクラシックギタリスト、
草場学さんのコンサートです。
お申込み、問合せはギャラリー空華(下記)へ。


■会期  7月22日(日)~8月5日(日)

■開廊  10:30~18:00 
     (月・火曜は休廊)

■会場  高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)

「伊藤昌美 陶の世界 小さきものたち」展のお知らせ

絵画と詩とが形になった陶の世界
伊藤昌美の「小さきものたち」

伊藤昌美小さきもの画像s

伊藤昌美は、1960年代初頭に
地方都市で絵画を学んだ後、
京都にて故・藤平伸氏に師事し
作品を発表し続けた陶芸作家です。

1975年より、1999年に夭折するまでの間、
制作した作品点数は膨大な数に及びます。

陶で表されたのは、植物、昆虫、動物から
人の生活の諸相までの多様なる世界。

器、蓋物、花瓶、壁掛けなどのほか、
「置き物」とでも言うほかないような
小さな作品も数多く遺しました。

どの作品も、焼き物であり絵画のよう。
詩や物語をも感じさせる、自在な陶の世界です。

そんな伊藤昌美の「小さきものたち」と
ひそかな会話を楽しんでみてはいかがでしょう?

*伊藤昌美の詳しいプロフィールや受賞歴は、
2016年7月の本ブログをご覧ください。

●草場学ギターコンサートも開催します。

4月28日(土) ①pm2:00~ ②pm5:00~
各回先着15名 要予約 2.000円

高崎市で教室を開いているクラシックギタリスト、
草場学さんのコンサートです。
お申込み、問合せはギャラリー空華(下記)へ。


■会期  4月14日(土)~5月27日(日)

■開廊  10:30~18:00 
     (月・火曜および5月3日、5月4日休廊)

■会場  高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)

第2回空華展のお知らせ

油彩、銅版画、陶、織、服飾、
乾漆、水彩、カレンダー……
8名の作家が空華で出会う12月


スキャン_20171125

2017年の終わりを前に、
オーナーより、こんなメッセージが届きました。

「ギャラリー空華は、
おかげさまで3周年を迎えました。
これも作家の皆様や
多くのお客様の支えによるものと感謝しております。

この度、8名の作家が出品する“空華展”を
開催することになりました。
年納めの12月に、
素敵な作品との出会いをお楽しみ下さい。」

出品作家は次の8名です。(50音順)

新井コー児  [油彩]

糸井千恵美  [銅版画]

小峰美省  [陶]

鳥居明生  [陶]

長野順子  [カレンダー]

増田洋子  [織・染織]

ヤマモトナツエ  [服飾]

吉村浩美  [乾漆・水彩画]


●草場学ギターコンサートも開催

12月9日(土) ①pm2:00~ ②pm5:00~
定員15名 要予約 2.000円

高崎市で教室を開いているクラシックギタリスト、
草場学さんのコンサートです。
お申込み、問合せはギャラリー空華(下記)へ。

■会期  2017年12月2日(土)~12月17日(日)

■開廊  10:30~18:00 (月・火曜は休廊)

■会場  高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)

木村明・長野順子 二人展のお知らせ

群馬・高崎から美の世界を探求し続ける
二人の作家の展覧会

~色なき風~
木村明・長野順子 二人展

ギャラリー空華の秋を彩る展覧会の第三弾は、
ガラス作家の木村明さんと、
銅版画作家の長野順子さんの二人展です。

■美しき吹きガラス
kimura PLANT

▲木村明 「PLANT」 335×195mm

木村明さんは、1952年高崎生まれ。
17歳のとき、あるガラス作家の作品に出合ったことから
ガラス作家を志し、
クリスタルガラス制作会社を経て1990年、
高崎市内にガラス工房
NORTH WINDを設立しました。

欧米で始まった、作家が個人でガラス炉を持つという
「スタジオグラス」の作家として、
食器、花器、オーナメント、オブジェなどを制作。
各地で作品を発表し続けています。
1989年から2014年まで、通算14年にわたり
高崎映画祭のトロフィーも制作しました。
ガラスの美しさを存分に生かした
作品をご堪能ください。

■時空間を超える幻想世界
nagano_2017.jpg

▲長野順子 「蜉蝣(ふゆう)」(エッチング、アクアチント 22.5×10cm 2017)

長野順子さんは1966年、群馬県生まれ。
東京芸術大学で建築を学んだのち、
銅版画を学び作家となりました。
各地で個展を開催し、絵本も制作。
ボローニャ国際絵本原画展入選、
日本書票協会公募展では大賞を受賞。
時代や国を超越した長野さんの幻想世界に
ひととき、魅入られてはいかがでしょう。

■同時開催 草場学ギターコンサート

10月28日(土) ①pm2:00~ ②pm5:00~
定員15名 要予約 2.000円

高崎市で教室を開いているクラシックギタリスト、
草場学さんのコンサートです。
お申込み、問合せはギャラリー空華(下記)へ。

■会期  2017年10月14日(土)~11月12日(日)

■開廊  10:30~18:00 (月・火曜は休廊)
     *作家在廊日はお問合せください。
     
■会場  高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-709
5(本田)


↓木村明さんが高崎映画祭のトロフィーを制作する様子が
 動画で見られます。
https://www.youtube.com/watch?v=_L1h4YG-nao

↓高崎新聞の紹介記事
http://www.takasakiweb.jp/column/omotenashi/article/009.html

↓長野順子さんの蔵書票や作品が掲載された大阪のyアートギャラリーのページ
http://yart-gallery.co.jp/junkonagano.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。