FC2ブログ

上杉一道個展のお知らせ

あなたの心の空は何色?
キャンバスの中の世界に遊ぶ
上杉一道個展
~五月の空~


上杉一道展

絵画が大好きな人なら
上杉一道さんをご存じの方も多いことでしょう。

1958年高崎市生まれ。
高崎高校在学中、山口薫の絵画に出会い、
画家を志しました。
「詩魂の画家」とも呼ばれた山口薫は
旧制高崎中学から東京藝大に進んだ
郷里の先輩であり
日本洋画史上に名を残す画家でもあります。

武蔵野美術大学で麻生三郎に師事した
上杉さんは、そのまま絵画の道を歩み続け
現在は群馬県美術会理事、高崎市民展審査員も
務めています。

山口薫(1907年生まれ)や麻生三郎(1913年
生まれ)とは生きた時代も異なり、
私たち同時代の画家と言わせていただきたい
上杉一道さん。

五月の空の下、観音山をほんのちょっと上って
ぜひ、鑑賞にいらしてください。

■会期 2019年5月11日(土)~6月2日(日)

■開廊 水曜~日曜 10:30~18:00
      (月・火曜は休廊)
  
■会場 高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)
   tomoko1212@kxf.biglobe.ne.jp


♪本多悦子
リコーダー・ソロコンサート Vol.1
 ~ふえのおと~


5月18日(土) 14時/17時
各15名 3000円 要予約(本田まで)

上杉一道さん 連絡先
kevikevi.411@gmail.com

上杉一道さんfacebook











スポンサーサイト



佐藤公平 陶の世界展のお知らせ

黒陶を追求して30年。
進化し続ける佐藤公平の
陶の世界

佐藤公平展2019

ギャラリー空華で3回目の個展となる佐藤公平さん。
新潟県新発田市に「五鬼原窯(ごきげんよう)」という
窯を開いてから30年になります。
(陶歴は50年)

見た瞬間、脳のどこかが刺激されて?
思考を誘う、漆黒の立体。
佐藤公平の作品を見ることはひとつの体験です。

そんな佐藤さんの作品が、また進化を遂げました。
色釉の作品もあります。
どうぞお楽しみに、がっぷりよつで、ご覧ください。

*作家在廊日は、オーナーにお問合せください。

■会期 2019年4月20日(土)~5月5日(日)

■開廊 水曜~日曜 10:30~18:00
      (月・火曜は休廊)
  
■会場 高崎市寺尾町字大畑2305-253
     ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)


田尾日出郎 春の染色展のお知らせ

筒描き、型染め、手描き、
墨染め、草木染。
田尾日出郎さんの作品で
春を味わう


田尾のれん

栃木県足利市を拠点に活躍する染色作家、
田尾日出郎さん。

着物の染織デザインを基礎に
20代から創作染色を開始。
通産省主催の全日本服飾デザイン大会で
局長賞などを度々受賞。
2008年には草木染の伝統工芸士に認定されました。

その作品は、銀座和光、日本橋三越、
松屋銀座、阪急梅田などでの個展や
雑誌『家庭画報』で目にすることができます。

その田尾さんの作品にふれる
またとない機会がやってきました。
春3月の染色展です。

展示されるのは、多様な染めののれん、
飾り物、染色画や、
ストールなどの小品まで。
観音山のふもとの当ギャラリーで
春を堪能してください。


■会期  2019年3月16日(土)~31日(日)

■開廊  10:30~18:00(最終日は17時まで)
月・火曜日は休廊

■会場  高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)
     E-mail: tomoko1212@kxf.biglobe.ne.jp

新井コー児展のお知らせ

新井コー児さんの
新作がやってくる!


11月3日から23日まで、
新井コー児展を開催します。
新井コー児2018
▲「ゴマの昼寝」 パネル、アクリル 227mm×158mm 2018年

今回の展覧会タイトルは「Let it be」。
このタイトルを見ただけで、
新井コー児さんの世界が見えてきそうですね。

↓作家のサイトはこちら
新井コー児 作品集

会期中の11月17日(土)には、
チェンバロ、オーボエ、声楽の演奏会もあります。
詳しい情報は後ほどお知らせします。

■会期  11月3日(土)~11月23日(金)

■開廊  10:30~18:00  月・火曜は休廊

■会場  高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)

信田俊郎展のお知らせ

アツーい夏、
信田俊郎の色面が放つ
熱のアツさを体感せよ!


信田俊郎展2018

7月1日に放送されたNHK『日曜美術館』で
グローバーさん(東大の美学美術史卒)が
アンリ・ルソーの作品を見ながら
「熱い。温度を感じる」と言っていましたね。

ああ、やっぱり。
そうなのです。
絵画作品のなかには、「熱」を放つものがある。

それを初めて体感したのは、
何十年前か、ピカソの絵を見たときでした。
絵具が塗りこめられた平面から
「熱」と言うしかないエネルギーを感じたのです。

3年前の夏、ギャラリー空華の空間は
信田俊郎の大作から放たれる「熱」で満たされました。
今年、3年ぶりに新作がやってきます。

信田俊郎の色面(カラー・フィールド)から放たれる
「熱」の温度を、ぜひ作品の前で体感してみてください。
熊谷よりもアツいかもしれませんよ。

●草場学ギターコンサートも開催します。

8月5日(日) 14:00~ 
先着15名 要予約 2.000円

高崎市で教室を開いているクラシックギタリスト、
草場学さんのコンサートです。
お申込み、問合せはギャラリー空華(下記)へ。


■会期  7月22日(日)~8月5日(日)

■開廊  10:30~18:00 
     (月・火曜は休廊)

■会場  高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ Tel.090-4600-7095(本田)