FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリー空華のご案内

観音山のふもとです

ギャラリー空華は、新幹線からも見えるあの高崎観音がある、
観音山のふもとにあります。
車だと、高崎駅から10分ほどで着きます。
地図は、下記をご覧ください。
空華マップ

●車の方
高崎市街方面から城南大橋を渡り、烏川を越えて国道71号線へ。
「寺尾町北」交差点を右折、「館入口」交差点を左折し203号線に。
特別養護老人ホーム「高風園」の先を右折して、山側に上る坂道に入ってください。

●バスの方
高崎駅西口を出て、バス乗り場の8番、
高崎市内循環バス「ぐるりん」観音山線をご利用ください。
「高風園前」で降りてください。
16分ほどで着きます。料金は200円です。

どちらの方も、「高風園」の先を右折して少し進むと、
左前方の家並みに、チャコールグレーの三角形をした建物の先っぽが見えてきます。
それが「ギャラリー空華」です。
グレーの三角屋根のほうに、左折してください。

空華外観

●住所      〒370-086 高崎市寺尾町字大畑2305-253

●お問い合わせ  090-4600-7095(本田)

■高崎市内循環バス「ぐるりん」ご案内
http://sys.busnet-gunma.jp/cgi-bin/search/timetable.cgi?itm_num=424&in=高崎駅&out=

近くには温泉も

さて、ギャラリーで作品を見ていただいた後は、
温泉なんかいかがでしょうか。
ギャラリーから少し上ると観音様がいらっしゃいますが、
すぐそばに、温泉旅館があります。

「観音山温泉 錦山荘」といい、
山中のひなびた温泉宿みたいな、いい雰囲気です。

錦山温泉

食事もでき、日帰り温泉も利用できます。

サポーター連は、当ギャラリーがオープンしたときに
利用させていただきましたが、料理がおいしく、
温泉につかりながら眺める高崎市街の夜景が、素晴らしかったです。
また行きたいなあ~♪

■錦山温泉ホームページhttp://www.kinzanso.com/index.html
スポンサーサイト

空華で見た (1)信田俊郎展

抽象画家、信田俊郎

8月1日から13日まで、高崎市のギャラリー空華で「信田俊郎展」を開催している。
初日に見に行った。

信田俊郎は、ギャラリーオーナーである本田智子の、大学の同級生。
1978年に新潟大学の教育学部美術科を卒業し、
新潟市を拠点に作家活動を行ってきた。

卒業直後から個展を毎年開催。
1984年に宮城県美術館の「アートフェスティバルセンダイ」に出品して以降、
各地の現代美術展にも出品してきた。
もはや、新潟で現代美術展を行う際には、はずせない画家のひとりになっている。
光の場所

信田の作品は、大型のものが多い。
幅2メートル級はざら。
大きなキャンバスに、信田は油彩で描く。
線を引き、色を塗る。

直球の抽象画だ。
絵画が好きな方、抽象作品が好きな方なら、
かなり楽しんでいただけるのではないかと思う。

クレーが好きな私も、つい見入ってしまった。
見ていると、色の世界にどんどん入っていく。

光を感じる。空間を感じる。色を感じる。
手触りを感じる。
ずっと見ていると、「生きている」といった感覚が湧いてくる。
いつのまにか、大きな画面に包まれている。

信田俊郎×モダン建築

信田の作品を知る人たちには、このギャラリーで信田が個展を行うと聞いて、
作品がうまくおさまるのか、心配する人が少なくなかった。

見てみて、その心配はまったくいらなかったとわかった。
むしろ、作品がギャラリーの建築空間と、見事につりあっていることに驚く。

けして広いとはいえないギャラリーの空間に、
作品がパズルのようにおさまっている。
この、建築と作品とのコラボレーションも見どころ。
グレーの作品
2F大作
1Fの小品

本田は、「作品の展示方法はスムーズに決まった」という。

圧巻なのは、2階ロフトスペースの奥におさまった大作だ。
3枚組で描かれた作品が、1枚ずつ少し角度を変えて、床に設置されている。

「ぜひ、床に座って見てもらいたいんです」と、本田。
寝そべって、ごろごろしながら見てもいいそうだ。

「この作品の前にいると、熱を感じるんです」(本田)

夏の一日、窓から入る自然光のなかで、
気持ちよい木の床に寝そべって見る信田の画面には、
もうひとつの光のような存在感があった。
(C)
本田さんと2Fの大作


■信田俊郎オフィシャルサイト
http://www.shida-artstudio.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。