FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年半ぶりの佐藤公平黒陶展

佐藤公平の黒陶
 ~顔のある箱~」
オープン記念展以来、2度目の個展です



4月15日(土)~5月14日(日)、
佐藤公平さんの黒陶展を開催します。
佐藤公平2017葉書

新潟県新発田市の「五鬼原窯(ごきげんよう)」を拠点に
黒陶の作品を創作し続ける佐藤公平さん。
その作品は、陶による現代彫刻といってもよい
理知的な構成で知られます。

漆黒の立体作品

黒陶とは、釉薬を用いず、素地のまま
植物素材の焼成材に埋めて焼く陶芸の技法。
炭素を吸収した素地は漆黒となり、
表面を磨き上げることによって
金属のような光をたたえます。

石でもなく金属でもない、その黒の深み。
そして練り上げられた佐藤さんの立体は、
そこにあるだけで空気を変えてしまうような
存在感です。

じつは、ギャラリー空華がオープンした2014年秋
初めて開いたオープニング記念展は、
佐藤公平さんの黒陶展でした。

▼2014年に展示した『風景画、的な』No.1828
佐藤公平2014-1


群馬県では、赤城高原にあるギャラリーMOVEで
初めて「佐藤公平の黒陶」を見たという方もいることでしょう。

新作を楽しみに待っておられたファンの方も、
佐藤公平さんの作品は初めてという方も
ぜひ、足をお運びください。

▼空間を変えるオブジェとして長く対話が続けられそうな作品ばかり(前回の展示)
佐藤公平2014-3

■会期     2017年4月15日(土)~5月14日(日)

■開 廊    水曜~日曜 10:30~18:00
          (月・火曜は休廊)

■作家在廊   4月15(土)、5月13日(土)、14日(日)
  
■会 場     高崎市寺尾町字大畑2305-253 ギャラリー空華

■問合せ    Tel.090-4600-7095(本田)

▼前回の会場風景
佐藤公平2014-2


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。