FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏から秋の展覧会・イベント予定

夏から秋は…… 「陶の世界」展、
瀧ケ崎千鶴日本画展、
糸井千恵美展、新井コー児展が目白押し


観音山にも春の気配が感じられる今日この頃。
オーナーは、これから開かれる展覧会の準備に追われています。
ギャラリー空華の今後の展覧会の予定をお知らせします。

●6月18日(土)~7月18日(日・祝)
陶の世界 伊藤昌美回顧展
―静謐なる時の誘い―


伊藤昌美は、故・藤平伸氏に師事し、京都で作陶を続けた陶芸作家。
日展、京展、創工会展などに出品、受賞を重ね、
1999年に没した氏の初の回顧展です。

▼「らくだ群像」(隊商)  撮影/櫻井哲資
DSCN4747 (5)

▼左:「呉須線刻花生(つる首)」 右:「白花生(つる首)」
IMGP0094 (4)

●8月(日にち未定) 瀧ヶ崎千鶴日本画展
~光と風をテーマに


東京在住、植物を中心に描き続ける日本画家の瀧ヶ崎千鶴さん。
東京、横浜を中心に個展を開催し、
2013年には中ノ沢美術館の企画展にも出品しました。
オリーブの枝を描くなど、どこか現代感覚をも感じさせる日本画の世界です。
今回の作品は、光と風にまつわるテーマになるとのことです。

○瀧ヶ崎千鶴日本画帖
http://www.geocities.jp/jiwaenogu/


●10月1日(土)~10月30日(日) 糸井千恵美展
~バロック音楽の夕べを3回開催
<県民芸術祭参加プロジェクト>


群馬県生まれ、精力的に作品を発表し続ける版画家の糸井千恵美さん。
2015年6月~7月、当ギャラリーでも個展を開催しました。
今回は、バロックの世界をテーマにした銅版画展となる予定です。

特別企画として、声楽家の小池静香さん(メゾソプラノ)を迎え、
バロック音楽のコンサートが3回、行われます。
ギャラリーにチェンバロを運び入れ、
夕方に秋の月を愛でながら聴くバロック音楽を
糸井さんの銅版画の世界とともにご堪能ください。
ヘンリー・パーセルの曲などが演奏される予定です。
本企画は、群馬県民芸術祭参加プロジェクトです。

▼「鯉の富士登り」  *出品作ではありません。
8CEF82CC95x8Em93o82E8.jpg

昨年の当ギャラリーでの展覧会の様子が、
糸井さんのオフィシャルサイトでご覧いただけます。

○糸井千恵美オフィシャルサイト
http://www.n-create.net/itoi/exhibition/exhibition.html


●11月(日にち未定) 新井コー児展

高崎市生まれ、昭和40年代の日本の女子高生や生活のディテールをモチーフに
独自の世界を表現し続ける新井コー児さん。
2015年9月~12月には、群馬県立近代美術館で
「新井コー児20年目の独り文化祭」が開催されたばかりです。
新井さんのレトロな世界が、当ギャラリーのモダン空間にはじけます!

▼「放課後の恋話」  *出品作ではありません。
o-42a.jpg

○新井コー児オフィシャルサイト
http://www7.wind.ne.jp/ko-ji/index.html

瀧ヶ崎千鶴日本画帖
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。